一人でこなすのは無理

開胸手術後のリハビリは、想像以上に厳しい制約があるんですね。

画像


本格的な手術は生涯中初めてなので、術後に戸惑うことが多かった。一人の生活でほとんどのことをこなしていけると思っていたのは大間違いでした。

Tシャツの着替えだけでも、医者の指導に厳密に従うということは・・無理が多すぎる。

一人暮らしって厳しすぎる。炊事洗濯は・・全滅と考えてしまう。でも頑張らなければならない。

手術前から恋人ができたというのは、まるで何かの導きのようです。「大変なことがあったら、今度は私に頼って!」だって・・・。ずっと泣いてしまった。それだけぎりぎりだった。

それでも、下血から始まった4月からの闘病で、死にたいなんて思ったことは無いし、ずっと前向きだった。

もちろんネオのことがあるので、後ろ向きにはなれません。

画像


やっぱり、大事な人や家族、大事な命が支えてくれたんだと思います。リハビリも頑張らないとね・・。
感謝する人がこの数ヶ月で増えました。

一人で生きるのは、本当に難しいのですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年07月28日 16:18
甘える時には 甘えて~! と、言われて居るんじゃないですか?
2017年07月28日 18:19
他人でも身内でも、自分のことを理解してくれる人がいるのはとってもありがたいですね!お金がなくても死なないけど、孤独になると人は死んじゃう・・・
甘えるってことは相手を信頼している証しですから、頑張りすぎないように自分を甘やかしつつ、楽しく暮らしましょ(^^)
2017年07月29日 22:58
そっか~ シャツの着替えも難しいんですね
ベッドじゃなければ万年(3ヶ月)床? むむむ、、、こりゃ一人じゃ無理だわ
でも、強い味方が傍にいますね! 無理せず出来ないことは出来ないと、しっかり頼りましょう~!
だってね、遠慮とかされると悲しくなるものなのよ
わかるでしょ?
2017年07月30日 03:19
Tシャツを脱ぎ着するというような普通の日常の動きも、腕を上げたり体を前後に反らせたりいろいろなあるんですよね。
彼女さんが手伝ってくれる時以外は、やっぱり前ボタンのシャツがいいのではないでしょうか。それだって、袖に腕を通したり、体をねじりますね。やっぱり慣れるまでは、焦らずぼちぼちやりましょう。
2017年07月31日 11:23
今までトホホホな生活でしたが、男性の友人と違って、暖かく支えてくれるので、弱みも見せられます。週末の買い物や行動で、いろいろ甘えさせていただきましたが、甘えべたなので、いちいちあやまってしまいました。それでも感謝の言葉しかありません。
2017年07月31日 11:27
週末は甘えたおしました。なにしろ、一人ではまともな生活が望めないし、回復が遅くなります。この辺は想定外でした。
万年床というわけにはいかないので、たたんで、つんでいます。
エアコンの除湿でバランスをとっています。
遠慮・・はどうしてもしますが、時々わがままのようなことも聞いてもらっています。
ただし、感謝の言葉は忘れていません。
2017年07月31日 11:32
本当にスローな行動を前提に暮らしています。彼女の力を借りない場合は、大きめなTシャツ、タンクトップなどをゆっくり着脱できるように調整しています。前ボタンのシャツも、病院近くですと販売いていますが、一般にはなかなか販売していません。半そででないと、相当辛く、神経痛のような痛みがあります。
ゆっくりと生活するしかないようです。