言葉にすると消えるかもしれないので(笑)

変わり映えしない毎日が続いて、週末にはそれを変えるように過ごしている。このサイクルが普通の幸せなのかもしれない。


健康に不安を感じながらも、日々苦しい思いは無い。処方された薬が多くとも、慣れというのか日常のことになっている。

今年も季節の変わり目に、発疹が出ているが、強いかゆみを伴うものでもない。週末ネオと彼女と過ごす時間は楽しい。あれだけ辛かったスーパーなどの買い物も、一緒に過ごすと日常の幸せを感じる。毎日人を他の夫婦を見ていると辛いので、伏し目がちに暮らしていた自分が嘘のようです。
(回転しないお寿司は美味しい)
最近夢に、見覚えがないのですが、親しみを感じる女性が出てきて、かつてその人と暮らしていたんじゃないかというイメージが伝わってきた。もしかしたら、人は生まれ変わるのでは思うのです。少なくともそういう夢の中に出てきた人とお酒を酌み交わしたり、買い物をしたり、普通の時間を過ごしたりする。夢はカラーで、現実的なことが多い。


普通の暮らしができなかったことに対するあこがれなのでしょうか?

現実の週末には、普通ですが、与えられた運命的なとかいう時間でなく、気ままに決めたイベントを楽しんでいる。

(居酒屋風のメニューを作ってみた)
仕事も、また依頼がやってきた。明日打ち合わせに入る。一年前に予約した心臓周りの検査を終えて、明後日診察だったが、予定が変更され、月末になった。特にたいしたことではない。
それでも、穏やかな日々は、まるで誰かがセッティングしてくれているようです。

(最近のお気に入りギター)
東京のお盆のころからでしょうか、足元に猫のような柔らかな動物がやってくるようです。ネオが頭をこすりつけてくるような感覚があり、思わず声掛けまでしながら確認すると何もないのです。

2019-07-19_20-34-27_302.jpeg
(大人さまランチをストレス解消に作る)

こうやって普通で幸せな時間と書き込みすると、意外ともろく、簡単に消えてしまうのではないかと思ってしまう。

最近の吉本での芸人の人生逆転(悪い意味で)は、認識の甘さ、ちょっとした嘘で始まっている。誰も自分が不幸になろうと思わないし、回避するために言葉を発するのでしょうが、最近は、何かを発するというのは危険を伴うのではないのか?
幸福は簡単に去ってしまうのではないのかと思えてくる。

初心に戻る歳ではないけれど、素直にゆっくりと進んでいくのが良いのでしょうね。そのようにできるのも、昨年のパワハラや不毛な仕事を乗り越えて発生した利益やノウハウや自信があるからなのだろうと思う。

自分のペースを少しゆっくりにするだけで、こぼれ落ちるものが少なくなってくるような気がする。
(クライアントを接待)
夢は持てる年齢ではないけれど、夢をこぼれ落とさないようにはできるのかもしれない。
若いといわれた年代には、考えてもみなかった。

彼女さんも忘れずに接待しています。(笑)
といいながら、メロンパフェ食べたかった・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

zakuro
2019年07月22日 19:30
普通の事を普通に出来て、普通に穏やかな時間を過ごせるのが、実は1番幸せな時間なのかも。
夢って、モノクロの時もあるんですか??
ワタシはいつもカラーの夢しかみた事ないです。
ベランダ農夫
2019年07月22日 20:17


>zakuroさん
>
>普通の事を普通に出来て、普通に穏やかな時間を過ごせるのが、実は1番幸せな時間なのかも。
>夢って、モノクロの時もあるんですか??
>ワタシはいつもカラーの夢しかみた事ないです。
モノクロの夢というか、普段は色さえはっきりしません。最近はカラーの夢が多いですね。
詳細なセットの中で活動してる感じです。
とにかくリアルです。
マーシャの乳母や
2019年07月22日 21:31
変わり映えしない毎日に文句言いながら過ごして、ある時、ふとそんな毎日がそれほど悪いわけでもなさそうだと思う
それがいいことなのかどうかは判らないけどね

昔は総天然色の夢をよくみていたけど、最近はモノクロに色を塗った明治の写真みたいなのをみるよ
2019年07月23日 09:25
穏やかな気持ちで、過去を冷静に振り返ることのできる日が来たのは幸せですね

明けない夜は無いし、変わらないものは何もない諸行無常
でも、辛い日々の最中にいると、これが見えなくなるんですよね

私も、日々の穏やかな暮らしに感謝しつつ
いろいろ楽しい妄想もしながら
今日も猫を撫でつつ、美味しいご飯をいただ~だきます(^^)
ベランダ農夫
2019年07月24日 11:09


>ふてもさん
>
>穏やかな気持ちで、過去を冷静に振り返ることのできる日が来たのは幸せですね
>
不安定な気持ちが落ち着いてきました。猫と猫ともさんのおかげです。
>明けない夜は無いし、変わらないものは何もない諸行無常
>でも、辛い日々の最中にいると、これが見えなくなるんですよね
>
生きていることに何も希望を持てませんでしたが、ずっと猫が側で寄り添っていてくれました。一人残すのを妻が予想していましたので、納得です。猫にもまじめに感謝しています。
>私も、日々の穏やかな暮らしに感謝しつつ
>いろいろ楽しい妄想もしながら
>今日も猫を撫でつつ、美味しいご飯をいただ~だきます(^^)
生きてるってそういうことなんですねって、思います。
ふてもさんは、生き生きしていますね!笑
ベランダ農夫
2019年07月24日 11:13


>マーシャの乳母やさん
>
>変わり映えしない毎日に文句言いながら過ごして、ある時、ふとそんな毎日がそれほど悪いわけでもなさそうだと思う
>それがいいことなのかどうかは判らないけどね
>
私は、身を削るより、削らないだけ幸せです。
削る心もなくなっていたかと思うと、ネオがあずかっていてくれたようです。ネオを見ていると切なくなります。

>昔は総天然色の夢をよくみていたけど、最近はモノクロに色を塗った明治の写真みたいなのをみるよ
乳母屋さんは、仕事柄イメージが大きく広がる方だから、いろいろご覧になれるのかもしれませんね。