さようなら!元気でね!

週末に妻の納骨をします。

2014年8月14日に妻はなくなりましたが、生前に私の実家のお墓に入らないという話をしていたので、樹林型墓地の抽選に応募して、2017年の12月に都立の霊園の抽選に当選し、今年の11月にようやく納骨することになりました。

(いつものパソコン机の二階でゆっくりしているネオ)

亡くなって4年。夫として最後の仕事をさせてもらいます。

お墓に亡くなった妻はいないと思います。どこにいるかは自分が亡くなってわかることだと思います。

大学卒業後、故郷にいるはずの彼女と再会したのは11月の大学の学園祭。一緒に長い間バイトした仲間でした。
出会いから結婚にまでつながったけれど、今度はお別れの月になりました。

長い間ありがとうございました。

友達のような夫婦でしたので、「さようなら!元気でね!」と言葉をかけようと思います。
納骨の際は、本当に平服で自分らしく送ろうと思います。

ゼロに戻って、生きていこうと思う。


随分と気持ちが楽になったのは、ネオと一緒にいてくれる彼女さんのおかげです。
彼女のためにも、どこかでゼロに戻らないと失礼だと思うからね。

思い出が多いということは悪いことではないと思うんだよね・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

zakuro
2019年11月19日 16:23
やっと最終のお別れ作業ですね。
ネオくんもいるし、支えてくれる彼女さんもいるし、奥様も安心して土に還れるのではないでしょうか。
zakuroさんへ
2019年11月19日 16:54
zakuroさんにも感謝です。

一番落ち込んでいる時に、ご自身も辛いことがあるのに励ましてもらいました。
辛い時に心配してくれた方が、一番信頼できます。
苦しい時に優しい人の本質が見えてくる気がします。

最後に、何事もなかったかのように、穏やかに彼女を送っていきたいと思います。
人間という拘束から解き放たれて欲しいと思います。