誰だって消えていく可能性

ストレスって人によっては見えない悪霊みたいなものです。病気にもなるし、消えてしまいたくなることがあるかもしれない。

あの世へのショートカットは、したことがないのと痛そうなのでしないけど、精神的に危ういほど追いつめられるってあります。
しかも何度もあります。

鬱とはまた違ったものがあって、亡霊のように付きまといます。暗く考え込むと将来に夢も何もなくなりますよね。


人とのつながりもあったほうがいいけど、自然とつながることが多いと五感で自分の命の存在を確かめたり、大切に思えたりする。

(食後のメロンの種がベランダで雌花に成長)

物理的に判断できる病気は、救いがあると思う。見えない病で自分を消してしまうことのほうが恐ろしい。

なんだか天気が良くて、そこそこ涼しくて、緑が周辺にあると、元気が出てきますね!

必ず大事なものとつながっているんですよね。元気出さないと!

買い物でも、食事でも、時々発散しないとね。

(串カツとカキフライ揚げてみました)

最近嫌なニュースのほうが多いかもしれない。何事もない平凡な日で、好き勝手やっていたいですね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ハイジママ
2020年09月29日 20:26
カキフライは 揚げるのが難しいのに きれいに揚がりましたね。本当にお料理がうまいですね。

私も 今日は友人と お食事してストレス発散して来ました。おしゃべりは ストレス発散に最適!

たまには外へ出て お買い物したり( と、言っても 食べ物ばかり )家へ帰って 沢山 餃子を作りました。

夕食は 餃子をお腹いっぱい!
昼食に お寿司をお腹いっぱい!

食欲が満ちて しあわせでした。

食べれなくなったら それは寿命が尽きる時、まだまだ 大丈夫な?ようです。ベランダさんも 美味しいものが大好きだから 大丈夫ですよ。



少しはストレス発散出来たかな?
ふても
2020年09月30日 13:46
今、コロナ禍で自ら命を絶ってしまう人が後を絶ちません。

以前のように人と会うことも躊躇し、仕事も失って経済的にも行き詰ってしまうと、先々不安になり鬱になってしまう…
鬱になっていることさえ自分で気付かず、気付いてあげられる人も周りいなかったり…

亡くなってしまった方も、その日をやり過ごせば今日は生きていた可能性が高いので、とても残念に思います。

「何があったのか」「悩みがあったのか」と詮索する人がいますが、何もなくて普通の暮らしをしていても、鬱という病気になれば命を絶ってしまう場合があります。

最近TVでよく「悩みのある方はこちらへ」といって「いのちの電話」など相談ダイヤルの番号を紹介していますが、あれは4月のPCR検査の保健所以上にかかりにくい状態になっていて、話し中のプープー音に益々焦りを感じてしまうでしょう。

相談で解決するのもありですが、まずは心療内科へ行って抗うつ薬や安定剤などを処方してもらうことが重要だと思います。お薬でかなり救われるますし、鬱は心の風邪といいますが、風邪より時間はかかっても必ず治る時がきます。今は依存性の低いよい薬もありますので「相談よりまずは受診してよいお薬を」と思います。
ハイジママさんへ
2020年09月30日 16:15
お褒めの言葉ありがとうございます。母が亡くなってから、結婚しても、一人になってからも自炊は欠かせません。
必要に迫られてきたことと同時に、何か作るのが好きだから、趣味みたいなものです。一時期、カタログの撮影時に、スタイリストがだめだめだったので、しばらくは自分で料理のスタイリストもやりました。長くやっていますと、何とかなるものですね・・。
それでもおいしいものを複数の人間と食べると美味しいですね。そのための買い物も、選ぶ楽しみまあります。
ハイジママさんもバランスとりながら、元気でいてくださいね!
ふてもさんへ
2020年09月30日 16:35
鬱は本当にわかりにくい病ですね。自覚さえできずにいる方も多いと思います。
また、医者によっては何でも鬱にしてしまうやぶ医者もいますね。難しいけど放置できない大きな問題と思います。
私は、ネオがいるというだけで、どんなことも耐えていけます。もし、支えになる存在がなければ、どうなっていくか想像ができません。
心の風邪ですか・・・。でも、相談窓口がもっと稼動しているといいのですね。救うチャンスがもっと広がってほしいですね。
不治の病でないものは、必ず治りますよね!