疲れがたまる

週末は何もしたくないほど疲れている。先週はDVDの英語版制作や見積もり、業務委託のレポート提出とつまらない仕事で時間を浪費した気がしてならない。


わざわざ有明まで訪問することでもないことで、動く羽目になる。
普段は急ぎであってもメールを利用する担当者なのに、こういった件で不用意に呼び出す頭の構造が理解できない。社内稟議用の資料まで用意しなければならない今回の「都の外郭団体」には、業務が理解できない「天下り」が多い、しかも予算優先主義で、著作物に対する著作権法を緩く守らない。


(昼にビルの中でスコールが発生するようになっている。水は吸収されるようになっている)

大変疲れたので、見積もりを高額にして、前回の契約書の著作権の緩い部分を逆手にとって、動画は再利用して結構ですが(使いようがない)2Dは著作物なので、見積もりの要件を他社に渡すことはできないと伝えた。

簡単に言えば、前回やった業者から根こそぎ制作物を取り寄せて、安い見積もりをした会社にやらせるという、一見平等を装ったコンペということなんです。

契約書を精査すると不備が多いので、著作物は渡せないと突っぱねました。さらに契約書には、一万の収入印紙を貼る必要があるのに彼らが用意したものには割印も収入印紙もないので、契約はまとまってないことになる。私は、きっちり提出しているので、違法性も露呈しています。

そろそろ潮時かもしれないと思い始めている。仕事が来れば断らないとは思うけれど、強いてやるかどうかも考えていない。


(質が落ちた焼き肉屋)

そういうときの週末に焼肉ランチをいただきに近所のお店に出かけた。
カルビの油が気持ち悪いので、ロースにしてみたが、「不味い」のです。以前食べたものより、質が落ちるしぼそぼそした感じです。
安倍のミクスの真実は、企業留保が多くて、実質の経済は疲弊してるのかと思う。

質が悪くなってきた外食に、困惑してる。


"疲れがたまる" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。