ネオの膀胱炎再発

実際には膀胱炎がなおっていなかったのか、私が風邪をひっている間に、ネオが膀胱炎を再発した。

2019-12-16_10-30-08_000.jpeg

日差しが温かくてよかったね!

かつて尿道にカテーテルを入れてとてもつらい思いをしたので、ネオはその緊張からか尿道の周囲の筋肉が固くなっていて、カテーテルを受け付けなかった。

トイレが良く見えるところに配置しているのと、マメに砂を管理しているので、ネオの体調を常に把握できている。ネオには辛い思いをさせた経験があるので、自分自身でも緊張するような気分なのです。

ネオの膀胱炎が完治して一か月、またトイレに行くことが頻繁になっていた、さらに砂には何も出ていなかったので、すぐさま前回からかかりつけになった近所のペット病院へ向かった。ネオは重いので、行きはタクシーにしている。

最近買ったキャリアは背負えるし、ゴロゴロのついたものですが、ゴロゴロは気の毒なほど振動があります。背負うと大変重く、ネオ自身不安定な気持ちになると思えました。外に関してはものすごくビビりなのです。

今回の医者はなかなか対処が良く、技術的には吉祥寺の動物病院の院長がクラスが上でしたが、麻酔系の使い方が適切で、負荷をかけずに、カテーテル治療を施すことができ、無事腎臓にも負担をかけなかったという結果になった。

以前から尿路結石する子なので、早い対応を心がけていました。大事な動物に辛い思いをさせたくないですからね。

三日間の薬を処方してもらい、点滴も無事完了。

もう元気になったようです。私は同時に風邪をひいていましたが、なんとか切り抜けました。

自分で解決したわけではないですが、トラブルを解決できると自分がバージョンアップしたようで、よりうれしく感じますね。

手伝って助けてくれた彼女さんにも、大正天皇の玄孫に似た顔のオタク風の先生にも感謝です。



"ネオの膀胱炎再発" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。