位牌と位牌でごっつんこ

♪アリさんとアリさんがごっつんこ♪という歌詞の曲がありますよね。
画像




時々グリーフケアのグループや団体に所属しているわけではありませんが、不幸にも配偶者をなくされた方々と飲み会でお会いしたり、イベントに参加する機会というか縁があります。

今年に入って、基本現実や一般的な社会との接点に戻したくて、能動的にグリーフケアを行わないようにしています。

もちろん孤独にも耐えるし、ストレスとも戦います。今回の入院も、一人で生活してるから、大変だと同情されないように頑張りました。

また、お見舞いも断りました。大変孤独感はありましたが、雑念もなくなり、気疲れもせず、治療に専念できました。

もちろん、同じ境遇の人ほど、気を許せる部分があって、会いたいなとか、どうしてるかなという気分はありますが、
私は別として、位牌を背負って生きてる人が多いので、時々その位牌がぶつかってくるので、痛いんです。


普通に戻るよう頑張っているのに、位牌が痛いんです。

位牌をずっと背負って生きるのかな~。所詮位牌なんだけどね。人それぞれだけど、重く感じる。
大切なのは解るけど、痛いから・・ぶつけないでと思うことがあります。

人に背中に背負った位牌を、頭を下げたりするときにぶつける様子を想像してみてください。悪気はないし、一般的にはいつまでも亡き人を大切に思っている人とほめられるかもしれないですが、位牌は人と人との間に入ってきます。距離感も相応に作ってきますね。

独善的な考え方で、いい感じはしないけど、普通の暮らしを取り戻したいんですよ。



"位牌と位牌でごっつんこ" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]