一人で生きていくのは

この数ヶ月の入院や治療は大変孤独な戦いでしたが、やさしい「おねいさんがた」に支えられて、最後の試練に向かいます。
画像


7月2日より入院して、4日にはバイパス手術となります。全身麻酔で5~6時間の手術時間ですが、術後ICUを含めてリハビリ2~3週間程度の入院があります。

弟夫婦のおかげで、ネオもなんとかがんばってもらえそうです。
画像


2年以上も友人として支えてくれた女性と前祝というか最後の晩餐というような時間を作ることができました。
もちろん、お見舞いも来ていただけるという事でした。振り返るとお互いに死別したパートナーがいます。
画像
(ケーキとお茶を頂きながら、楽しい時間が過ぎていきます)
画像
(巨大なメロンケーキ・・なんておいしいのでしょう)
画像
(食べる位置によっていろいろなフルーツの味が楽しめます。お互いシェアしました)

私はそれらのことが当たり前のように、普通のことのように受け止められるようになったので、随分回復してきたのだと思います。その女性のことも普通の感覚で、女性として惹かれるときもあります。
画像
(予約していたバルでスパークリングワインやワインを二人で空けた)
画像
画像
(入院前なのでカルパッチョの牡蠣は、遠慮しておいた。美味しいよ~~)
画像
(サザエのエスカルゴしたて、正解)
画像
(吉祥寺の人気店なので、2時間で追い出されましたので、いつものバーに向かいます)

もう、自分には幸せはやってこないだろうと思っていました。難しいことにならないと良いとは思いますが、大変感謝しています。
画像

(バーボンソーダやアイリッシュ系のウイスキー、限定の生チョコなどをつまみにゆっくりと過ごしました)
画像
画像




それにしても胸の骨がつながるために、術後2ヶ月を要するなんて・・・開放されるのは・・秋なのか・・?

本当は節制しないといけないのですが、平気で飲んだり食べたりしています。

次の日はMRIに付き添ってもらい、その女性にお礼の気持ちもあるのと、デートとして回転しないお寿司をたべたり、楽しい時間を過ごしました。
画像
画像


画像


一緒に二年以上も恋人のように付き合ってくれて、ありがとう。恋人になってくれるように告白しようかな・・。

"一人で生きていくのは" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]