にゃんだらけでリフレッシュ

猫のイベントにはいくようにしている。基本イベントも楽しいのですが、外出する、飲み会を開くなどの行動する目的が必要となるのが、男性の考え方です。

画像



仕事が忙しく、頭の切り替えが利かないときは、適度な時間でお酒を飲んで、ある種言い訳にするように、仕事から離れるようにしています。
デザインも、盛り込みすぎるとダサくなるというのが原則で、削除してシンプルにすることが重要です。忙しいと言いながらも、くだらないブログを書いているわけですが、これは気分転換ということで、お許しを!

朝から猫ともさんとスカイツリーの噴水広場で待ち合わせ、晴天を期待しましたが、どちらかといえば曇天です。
待ち合わせより早めについて、スカイツリーへの入場券をゲットしようとやってきましたが、一時間待ちと説明を受けて、断念。
画像


生きてるうちにスカイツリーに行ければいいかなと、無駄に一時間を浪費してもどうかなと思い、昼前ですので、食事の店を探すが、これまた、断念せざるを得ないほどの混雑。
あきらめて、甘味処で茶そばをいただいた。

空腹の焼け石に水ですが、飲み会もあるので、カロリー制限を!ということで我慢。

画像


皆さんとソラマチでウインドショッピングを楽しみ、再度おなかの足しになるものを探しましたが、結局混雑で断念し、にゃんだらけに向かう。会場の近所でケーキセットやコーヒーなどをいただき、イベント会場に向かう。

ニャンフェスと違い、ある設定や前売りの持ち主には、猫用のお土産がいただける特典がある。乳母屋さんが事前に察知し、猫耳を作っていただき、全員がそれを装着し、クエストをクリアできたのでした。
おかげで、帰りを待ちわびている、猫ちゃんたちにおみやげをゲットすることができました。「マーシャの乳母やさんありがとうございました!」

画像
(師匠、あの伝説の乳母やさんと記念撮影)

この手のイベントには、千代田ねこまつり、ニャンフェス、にゃんだらけなどがありますが、ネコ祭りを除き、ニャンフェスとにゃんだらけには継続して出かけている。

あえて言わせていただくと、にゃんだらけはおみやげがついていることと、バックボーンがしっかりしてるイベントなのか、無駄な混雑などなく整然として好感を持っている。にゃんフェスは、入場待ちや、混雑が激しく、落ち着いて作品を見たり買ったりする気になれないという感想がある。参考にしていただければ幸いです。


今回も猫デザインのがま口を買わせていただいた。なかにはペットのさっ処分をなくす、などなどの資金用寄付が付属した製品もあったりで、ペットにも優しい企画もあった。

私は、紫の猫ポンポンをかわせていただいた。

画像


彼女は一度行ってみたいと言っていたので、同行してもらいましたが、今回で二回目の参加となります。

前回も楽しいオフ会でしたが、余韻はつづくというか、猫ネタで盛り上がっていました。

さらに、「焼き職人祭り」を企画していましたので、今回のオフ会は術後焼き職が復帰技を披露、サーブいたしました。
日頃のご苦労を慰労して差し上げた次第です!

画像


往年のコテさばきは、江戸の華吹雪と呼ばれた伝説そのものです。
今回は、塩分控えめという掟を背負っての味付け!
「なんだかさっぱりじゃね!」と軽いお褒めの言葉を(汗)いただき、やって良かったと額の汗を手拭いでぬぐう私でした。

画像


画像

(怖いもの見たさに頼んだデザートもんじゃ)

画像
(毎回安心して頼むクレムブリュレ)

次回はニャンフェスが4月にあると、聞きながら、少しだけ眩暈を覚えた、私です。

画像


乳母屋さんのおかげで、お土産たっぷり、楽しい時間も過ごせました。

画像
(こういうイベントの後ネオに被り物というのは勘弁して・・笑)


さて、今週は急いで仕事を進めないと・・・。ちょっと遅れてしまってるけど、面白いアイディアも浮かんでる。

彼女には、特製カツカレーをごちそう!評判は上々です。
画像

"にゃんだらけでリフレッシュ" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。