体育会が苦手

日大含め、日本の体育会系は面白いですね。

一般に「筋肉でできた脳」と言われたり、あほ扱いですが、将来は良い兵隊になるのかと思います。
とてもいい感じの青年も見てきましたが、先輩後輩でのパワハラは、見ていられないほどで、人権が存在しないと思えたくらいです。


かつてMY生命の悪口を書きましたが、あの手の人脈はすごいですね。フットボールだったと思いますが、先輩後輩で仕事の受注も、身内意識でやっていました。

筋肉以外のネットワークも、ものすごいことを思い知らされました。

スポーツ推薦で入った女性を知っていましたが、そのスポーツをやめたとたんに、学校をやめなければならなかったようです。

高校野球も苦手で、北朝鮮のような、奇麗にそろった行進や選手宣誓は、軍隊のようで、気持ち悪く感じた。
ただ、あほ学校の生徒の宣誓の練習で、いきなり「ががは~~!」は笑えました。そうです、「我々は~!」の原稿が読めなかったのです。

やっぱり、文武両道が良いですね。

小学生のころ、スパルタ式の塾に通わせられていた頃、行くたびに青あざを棒でつけられて、トラウマになっています。
解決方法に腕力が一番と思うようになりました。あるいは、人間関係が苦手になりました。

これらは、バンド活動で、克服できるようになりました。

今でも、人に強制されることは、大嫌いです。

"体育会が苦手" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。