こんな時期に暗躍するやつ


先日お年を召した友人がいますが、ネットワークさぎにひっかり、5万円プラスビットコイン5万円をだまし取られました。
多分メールが来て、開いたところ画面がフリーズして、「ここに電話してサポートを受けてください、解除してウイルスなどを削除してくれる」ような画面を信じて、電話したそうです。結局修復できず、振り込まれた金を二回だまし取られたそうです。

<mailtest001@ninemax2201.top>これがそのメール代行リンクなようですが、不明な表記です。

新型コロナウイルスで世の中が混乱した時期に、何やってるんですかね。この手は警察に行っても、被害届をだしても、対応してくれないようです。皆さんが思っているほど警察は善良ではないようです。「この手はあきらめるしかないでしょう」ということを前提に話を聞いたそうです。

自分のことは自分で守るというのが、この日本の流儀なようですね。いまも多くのコロナ罹患者が東京で発生していますが、都知事選が気になっている知事は何もやっていません。結局選挙権を無駄にするアホが、投票しないもので、何も変わりません。

今後は投票権をはく奪するか、犯罪として扱うべきと思います。55%の投票率、成人が本当に情けないです。
なぜまともに生きられないのでしょう?人を巻き込むんでしょうか?

先ほどのさぎにひっかった人は消費者センターの相談を進めましたが、突き放した対応をしています。
理由は、何かあれば必ず頼ってくる老人だからです。かつては相当羽振りの良い社長でしたが、自分で行動しないのです。
私は最近努力しない人に疲れています。もう十数年パソコンを修理してあげたり、マニュアル代わりになったり、システムの調整、ソフトのインストール、ハードウエアの設定、インターネットの一からを教えたりしてきました。

昨年末からネオの調子が悪いと伝えているにもかかわらず、なんども電話して、パソコンを見てほしい、今度遊びに行きたいなど、こちらの都合を顧みないストーカーのようでした。

彼女さんがリモートワークするネットを構築してるので、ウイルスを感染させたパソコンをこちらのネットに接続して、修復作業はできません。いろいろ事情を話しましたが、さすがにあきらめてもらいました。

こちらも仕事があって、ボランティアで老人のパソコンのお付き合いはできません。

そんななか、アマゾンのメールや名前を使って、アカウントのカードが使用できないので、ここをクリックして、ログインしてくれというふざけたメールが来ました。このメールを開く前に、いろいろ購入できてるんですけどね・・。

amazonにメールを確認して、詐欺メールと分かりましたので、アドレスを伝えておきました。
ソースを調べると、発信元や文字の内容から、中国のメールです。シュウキンペイではないですが、似たようなもんでしょうね。

なんだか暗躍している奴は多いですね。皆さんもご注意ください。

また、都知事の英語交じりのコピーを今後も見ることになるのでしょうね。
ウイズ・コイケ&TOKYOですかね・・。

さて愚痴も言えたので、すっきり!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

この記事へのコメント