どれだけ影響力があるのか

私は普通に生きています。辛いことも、他人にとってはどうでもいいことです。

画像


両親、妻を早く亡くしたことも他人にとっては、とるに足らないことです。

兄はミュージシャンで、薬物で逮捕含め複数お世話になり、裁判を含めいろいろ体験しました。

時間が過ぎれば大したことではありません。

ただし、他人に迷惑をかけたことはありません。

強いて言うと、緊急入院などの際に弟に無駄な心配させてしまったことでしょうか。

取り返しがつかないとしたら、現在の自分に生まれてしまったことでしょう。
それでも、社会に影響を与えるような存在ではありません。

前向きに歩いて、頑張りましたので、彼女もできて、普通という状況をこの年齢で得られたことは、幸せです。

画像


TOKIOの記者会見を見て思うことが多いのは、人が社会的に影響を与える可能性がある場合には、注意しなければならないことが多いのですね。真面目に記者会見見て考えてしまいましたよ。
バンドって社会の縮図でもあるので、いまさらながら学ぶことが多いです。

私は現実的には誇るものはありませんが、迷惑をかけないようにしないといけないですね。

妻と死別すると、連休などに家族が幸せにしているのを見かけると、嫉妬したりねたんだりすることが多いのも事実です。私の場合は、手を差し伸べてくれる人がいたり、現在の彼女も支えてくれたので、醜い感情はすぐに消えました。

画像


嘘などをつかずに、周囲の人とコミュニケーションが取れたことが良かったのですね。

縁のあった人や猫によって救われています。感謝することばかりです。


等身大で生きると、楽です。幸せになりやすいです。(笑)

"どれだけ影響力があるのか" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。